スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GCクエスト・黒渦団】Lv45二等 開かれた血路

オルン・グインカム中甲士

いいところに来た、プレイヤー名甲伍長!
ちょうど、お主を探していたのだ!

我らのリムサ・ロミンサが
ついに、大いなる一歩を踏み出すことになったのである!

それに関して、メルウィブ提督からお主に話があるという。
提督がお主のような兵に、直々にお会いになる理由はわからんが……

おそらくは、貴重な情報をシドと共に
黒渦団へもたらした一件が、お耳に入ったのであろう。

メルウィブ提督は「コーラルタワー」にてお待ちだ。
さあ行け、これ以上、提督を待たせてはならんぞ!


うむ、いつもながら良い返事であるぞ。
お主のそのようなところを、提督も気に入られたのかもしれんな。

クエスト『開かれた血路』を引き受けた。



ヒルフィル

羅針盤に南北の刻みあろうとも、
その読み方を知らねば、船は永遠に海上を彷徨う。

我らが巨艦は、まさにその迷い船であったが……
メルウィブの奴め、ついにやりおったわ。

エインザル・スラフィルシン大甲将

ほう、お前がプレイヤー名か。
俺は黒渦団軍令部総長、エインザル・スラフィルシン大甲将。

あ? 俺の名前が覚えにくいってか?
じゃあ、俺のことは黒渦団で一番イイ漢、とでも覚えておきな。

レイナー

メルウィブ提督の正義を、
ほかの海賊どもがその一端だけにしろ、理解したことは大きい。

課題は、まだまだ山積みだが……
我ら騎士団は一丸となって、清きリムサ・ロミンサ実現に邁進する所存だ。

メルウィブ

ご苦労、プレイヤー名甲伍長。
先日の「東ラノシア」の一件では、世話になった。
ふむ……前に会ったときよりも、成長しているようだな。

わざわざ足を運ばせることになり、申し訳ない。
話というのは「ガラディオン協定調印式」についてだ。

ふふ、戸惑った顔をしているな。

過去にリムサ・ロミンサ、グリダニア、ウルダハの
3都市間で結ばれた「エオルゼア都市軍事同盟」ならともかく、
「ガラディオン協定」など聞いたこともない、といったところか?

我がリムサ・ロミンサは、ガレマール帝国打倒に向けて、
いよいよ大きな一歩を踏み出すことになったのだ。

紹介しよう。
そちらにいるのがバラクーダ騎士団長「レイナー」、
黒渦団軍令部の総長「エインザル・スラフィルシン大甲将」。

そして、こちらにいるのが「断罪党」の首領である「ヒルフィル」、
リムサ・ロミンサの海賊諸派に強い影響力を持つ人物だ。
彼と私は、ひそかに協議を重ね……ついに……

リムサ・ロミンサを根城とする、すべての海賊と
黒渦団、バラクーダ騎士団が手を結ぶことで基本合意に至った。

これこそが「ガラディオン協定」だ。

我らがひとつの意志のもとに結束すれば、
ネール・ヴァン・ダーナスの野望をくじくことはもちろん、
いずれはエオルゼアから、すべての帝国兵をたたき出すこともできよう。

我らリムサ・ロミンサは、一丸となって帝国に対抗する!

その意思を内外に知らしめるべく、
海賊諸派の影響力が強い、ハムレット「エールポート」で
「ガラディオン協定調印式」を催す予定だ。

君には、黒渦団に所属する冒険者の代表として、
その「ガラディオン協定調印式」に参列してもらいたい。

黒渦団の任務における君の活躍は、グインカムから聞いている。
リムサ・ロミンサ単独で、ガレマール帝国と相対するとなれば
君のような冒険者の存在も、ますます重要となろう。

そう、君のような志ある者にこそ、私は見てほしいのだ。
巨艦「リムサ・ロミンサ」の真なる威容。
凱歌を約束する、その勇ましき姿を。

それでは、プレイヤー名甲伍長。
「キャンプ・スカルバレー」の南西……
ハムレット「エールポート」でまた会おう。



メルウィブ

貴様かッ!! 裏切り者はぁあああッ!!!

フランバード

悪いな、提督さま!!

ガレマール帝国のほうが、景気が良くってよお!
情報、高く売れたぜえ!?


へ!?

ま、待て待て待て! 俺は「ガラディオン協定」なんか興味ないって!

は……話がちが


レイナー

この……ッ!

エインザル・スラフィルシン大甲将

撤退です!

メルウィブ

できるかッ!!

エインザル・スラフィルシン大甲将

するのです!
ここで貴方が死んで、どうなさる!

ヒルフィル

撤退しろ!

エインザル・スラフィルシン大甲将

奴らを全員、殺す気ですか!?

メルウィブ

ク……

退けッ! 全員、退くんだ!



魔導ヴァンガードを倒せ!
プレイヤー名は魔導ヴァンガードを倒した。



メルウィブ

君か、その兵器を倒してくれたのは……

エインザル・スラフィルシン大甲将

敵影は……もう、ねえな。

メルウィブ

そうか……ご苦労だった……

それに引き換え……

なんだ、この惨状はっ!?

エインザル・スラフィルシン大甲将

……帝国有利と見た奴が「調印式」の情報をもらし、
ここぞとばかりに急襲され……

メルウィブ

わかっている!

だが、何故だ!
海賊と我らが手を結べば、ガレマール帝国など敵ではないと……

「ガラディオン協定」……

……リムサ・ロミンサの結束……

とんだお笑いぐさではないかっ!!

己が利に縛られず、手を差し伸べる……か。

本当の自由とは……
君たちがまとうものを言うのかもしれないな。

レイナー

死傷者多数!
しかし、急げば間に合う者も……!

メルウィブ

すぐにリムサ・ロミンサへ運ばせろ。

……この件は、忘れることだ。

エインザル・スラフィルシン大甲将

ありがとう、だそうだ。

しかし……こんな危機も久しぶりだな。
見たこともねえ兵器だが、あれは……帝国の新兵器か?
お前に来てもらってなければ、どうなっていたことか……。

そのうち、メルウィブ様から、
連絡があるかもしれねえが、今回はこれで失礼するぜ。
……っといけねえ、こいつは少ないが今回の礼だ、とっておきな。

クエスト『開かれた血路』をコンプリートした。

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

24時

Author:24時
なんちゃってセカイカンガー

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。